動物は自分で餌を選べない

人間が自分の健康を管理出来ると言うことはもちろんですが動物はそれを行えないと言うことで私達は単に餌をあげているような表面上の関係では無く、もっと動物たちのことをよく知ってあげることが必要になります。まず問題となりやすいのが、『アレルギー』の問題です。これは私達人間の話では無く、動物たちのアレルギーです。

動物たちはアレルギーに掛かると特定の成分(食品)が含まれた餌を食べた時にアレルギー反応が出るようになります。これは、私達人間と同じく、アレルギー反応を示す成分を割けるように食事をする必要があるのですが、そもそも犬や猫などは与えられた食事を何でも食べてしまいますからそれを選んでいる私達の側で食事を管理してあげなければなりません。餌一つをとっても、適当にそれを値段で選ぶのでは無く、『アレルギーに対応』したキャットフードなどを選んであげることが出来ます。少々値段は張るかもしれませんが、それはペットの健康に直結するものなので高い買い物とは言えないでしょう。

そもそもキャットフードの種類がたくさんあるため、愛犬や愛猫にとってどのような餌がベストであるのかという点は難しい部分ですが、まずは評判の良い商品を試せます。

健康はキャットフード一つで変わる

私達はどれだけ無知であっても最低限自分の体を守る方法は知っています。それを知らないとそもそも私達は生活していくことができず、自分の身を自分で守ることすらできません。それらを最低限のことを行っているからこそ、私達はそれこそ最低限の生活を保ってはいるのです。健康面も最低限、というのはあまり良いことではありませんが、生活を行っていることに変わりはありません。

さて、私達人間はそのようにして自分たちの健康状態を自分たちで管理することが出来ますが、果たして他の動物はどうでしょうか。私達人間のように、細かな部分に気付いて改善していく、ということは他の動物は行いません。人間だけである、と言えます。そう考えると私達が今現在飼っている動物たちの健康面を担っているのは果たしてだれでしょうか。管理してあげなければならないのは果たしてだれでしょうか。それは自明でしょう。飼い主である私達人間です。

動物たちの健康を気遣っていると言うことはただ単に決まった時間に餌をあげたり運動に連れて行ったりすると言うことだけではありません。もっと深いこと、たとえばキャットフードの選び方一つ取ってしても、真剣に考えて、より健康に良いものを与えるようにすると言うことが求められています。では、より良いキャットフードを選ぶということなどに関してどのようにそれを行うことができるでしょうか。また、いわゆる『悪い』キャットフードとはどのようなものなのでしょうか。